第28回将棋の日 関西(2002.11.10) (神酒梁)

第28回将棋の日in関西 (by神酒梁)

一門対抗早指しペア将棋トーナメント(13:00〜)

じつは始まる前にちょっとしたハプニングが。

解説者の1人山崎五段が未到着で、関係者用入り口は山崎五段が来ないことで(関係者が)騒いでいました。

昨年は鹿野初段が遅刻してきたし関西将棋の日はいつも誰か遅刻してくるのかな・・・(笑)

しばらくして山崎五段が登場。この日も黒いスーツ。

前はボタンを1つしかとめてないせいか、ベルトが垣間みえます。たしかまえもそうだったような・・・。

棋譜

  

皆さんの勝利ペア予想ですが、一番人気は妖刀・小林ペア。次に、桐山・矢倉ペア、淡路・村田ペア、小阪・伊藤ペア。

棋譜

  

解説者さんは妖刀先生に妖しい妖しい連発。将棋が終わっても小林五段だけは無口でした・・・というかぜんぜんしゃべられませんでした。

棋譜

  

最初の1、2局は井上八段と山崎五段の解説。ラストは妖刀先生と山崎五段の解説でしたが、

途中で井上八段と妖刀八段の解説にきりかわる。

ラストの解説中、山崎五段がイスで休んでおられたのですが、氏の隣に4,5歳ぐらいの男の子がすわってました。

すると妖刀先生、「あれ? 山崎君の子供?」 妖刀先生ッ!誤解招きます・・・( ̄∇ ̄;

解説者さんに怪しい妖しいといわれた仕返しでしょうか? (^^;

「山崎君何座? みずがめ座? みずがめ座って一人でいきられないんだよね〜(たしかこんなコトいわれてました。

・・・っていうか笑いで聞こえませんでした)」

みずがめ座を検索したら、「神経が太い、論理的、口論をしがち、燃えやすい」とありましたので真実はわかりません・・・。

 

84手目、95香車のところの解説を抜粋。

「グアムに一直線ってカンジで。飛行場の滑走路とおもってるんやないでしょうか?

飛び立ちましたね〜。飛行機事故でもないかぎり・・・(あやしい微笑)」

 

「小林五段はまかしておいてくださいっていってたのにね〜福崎先生は寝ててくださいっていってたのに・・・」

などなど、自身の穴熊の本の宣伝もぬかりなくされていて、妖刀先生のトークにはもう、笑いっぱなしでした(^^)

 

結果は桐山九段・矢倉五段の師弟ペアの勝利となりました。

が。優勝して、グアム旅行の権利げっちゅされたお二方ですが、なんとパスポート未所持(笑)

しかもどのチームもパスポートをぢつは持っていなかったという話があり、関西らしいオチつきでトーナメントが終了。

あと、三浦八段似の司会者さんから、勝利ペアを当てたヒトに抽選で北海道旅行がプレゼントされました。